不動産を相続したはいいけど、・・

 

遺産分割協議で意見の相違があり、いやな思いの末に、不動産を相続しました。

 

 現金なら優れた流動性があり、固定資産税や管理維持費用なども不要で問題なかったのに! 郊外の田畑を相続し、あるいは田畑でなくとも古家の建つ宅地などを相続すると、毎年草取りをし、「ご近所への挨拶」も欠かせません。結果として名義変更はしたけれど、毎年労力と税金が出てゆく!! 

 こんなもの早く売却してお金に換えたい!!

 

 ところが田畑は、相続できても農地法の縛りがあって、農業計ぞするる必要が原則有ります。農地以外の目的で農地を利用する(駐車場にしたり、農機具などの保管用に納屋を建てたり)は勝手にはできません。「用途変更(農地以外の用途に転用するのでの)地元の農業委員会の許可が必要です。砂利など入れて埋めたてたりしたら、元の農地に現状を復帰するよう指示が出るかもしれません。

 

  結局のところ、耕作を第三者に依頼する方も多いと思います。

 

しかしながら、その土地が市街地の農地であったり、市街化調整地域でもハウスメーカーが開発の予定をもっていって市に開発許可を申請するような気配が漂っているならば、それに乗る可能性はあります。

 農地法3条の要件を満たすことを条件として売買契約結ぶ業者もいます。登記上の所有権は仮登記ができます。 3条の条件が満たされたら(農業委員会の許可がでたら)本登記に移り完全に所有権の移転登記を完了できます。

 

 相続不動産が、どのような状況での売却が最良であるかを探る。

「当事務所」はあなたの強力なサポーターとなります。  

 

 可能な売却方法が確認されれば、複数の不動産業者からのオッファーを比較検討し、安全・確実な不動産業者の選定をお客様と一緒に行tって行きます。最終的な業者決定の判断は、もちろんお客様です。そのための調査、情報収集、見積書の取得・比較表の作成、その他あなたが売却先を決定するためのデータを整理・提供いたします。 

 

 実際にご利用のお客様からは「想像を超える成果」に感謝されています。  

特別なことはしません。 ただきちっと情報を集め、比較し、事実関係を明らかにするだけです。そのうえで最良のオッファーをあなたが選ぶだけの事です。 

 

一人では骨の折れる作業です。

料金体系は 基本報酬+成果の度合いに応じた報酬 となっています。

 報酬を含め、予め明確な業務内容を決めてから業務に取り掛かりますので安心です。

興味のある方は、ご連絡ください。 

 

 先週は霞ケ浦の近くまで行って、依頼人に変わって仲介業者とあってきました。遠くへも行きます。活動実績は、埼玉県の他、鎌倉市、横浜市、川崎市、千葉県内各市などがあります。