現在小川が所属している団体、資格等は以下の通りです。

*埼玉県行政書士会埼葛支部(広報部長・無料相談員・特定行政書士)

*一般社団法人コスモス成年後見サポートセンター会員(第九管轄区メンバー)

*東京入国管理局届出済行政書士(外国人の在留許可取得・更新・変更・永住等の取次業務等)

*埼玉県認知症サポーター

 

  

 祝 令和元年5月1日 新元号!!

 新入生、新入社員、研修会と慌ただしく新年度が始まった平成31年4月でしたが、昨日で1988年1月に始まった平成が、昨日2019年4月30日で幕を閉じ、今日から新元号「令和」の時代が始まりました。

 

 そもそも元号とは何でしょうかね?西暦で継続したカウントされている方が、世界の時代の潮流の中で各国の出来事を比較理解しやすいとは思います。長い期間での世界の動きを理解しやすいとも思います。しかし、日本の出来事を天皇の在位期間(今回は約30年)でリセットし、ゴワンサンで願いましては、とばかりに過去と決別?することに何かメリットはあるのでしょうか?

 

私の考えでは「大いにメリットはある」但し、「ゴワサンで願いましては」を活用し、現在の価値観に対して新価値観を世に問う人たちがいる限り」という条件を付けたいと思います。

 

 日本は世界一の高齢化社会をどう切り盛りしてゆくのか、正念場だと思います。日本の超高齢化社会の発展阻害要因となっている、現高齢者が若かりし頃築いてきた、社会慣行、社会保障制度、既得権益、法律運用規範、行政運営ルール、各省庁間の業際問題、あるいは顕在化する所得格差、教育格差、国際化対応の遅れ・・・

 

この様な事に対して、元号の若い人たちが、古い人たちの価値観と決別して新たな一歩を踏み出す好機がこの度「令和」の始まりであらんことを期待します。 

 

 さて蛇足ではありますが、当事務所は働く人が帰社後に相談できる様、夜の相談時間を21時まで延長いたしました。ご活用ください。但し、事前にお電話等で予約をお願いします

 

 

 

世界に一つしかない自分の人世

 

    その節目、節目に想定外がやってくることもある! そんな時、お役に立てる事務所でありたいと思っています。

 

 「出生」 「学業」 「就職・起業」 「結婚」 「競争」 「親の定年」 「家庭の重責」 「夫の昇進」 「不祥事」 「会社の重責」 「離婚の危機」 「子供が社会人に」 「孫の誕生」 「世代交代」 「定年」・・「第二の船出」・・・「人生100年計画」・・「老親の世話と他界と相続問題」・・「夫の遺言」・・「夫の旅立ち」・・「遺族年金受給開始」・「遺産分割協議成立」・・・・「兄弟姉妹・あの人・もこの人も逝く時代」 ・・「子供たちへの遺言書と・終の棲家探し」・・「認知症への備え」・・ 

 そして・・・ 自身が被相続人となる日・・墓じまい 永代供養・・散骨・・データ遺産の処分・・・・・

 

身近な相談所 百観音温泉前の事務所です! JR東鷲宮駅西口を出て徒歩3分、「百観音(ひゃっかんのん)温泉」に向かって歩いてください。温泉駐車場の道を挟んで反対側にあります。 緑色の事務所です!!     

節目節目のご相談ごと、もしよければお聞かせください。お手伝いできるかもしれません。☏0480-88-7379


google-site-verification: googlec3db0a3a55d9367d.html

当事務所は賠償責任保障制度に加入しています。