最後は女性が仕切る場面が増えていますが、        準備はいかがですか?

平均寿命と健康寿命

上の絵の見方は二つあります

①寿命があっても、健康でない期間が問題だな

②女の方が7年も長生きで健康だ!

       ⇩

だから女性は、夫を見送った後の状況を設計する必要があります。 

それはいつ?

       ⇩

出来れば、夫が元気なうちに!!

遅くとも、夫が認知症になったらすぐ

       ⇩

子供達、夫の両親、夫の兄弟 この人たちを納得させたい!!

       ⇩

ご相談ください。

 

当事務所独特のサービスだと思います。 経験があります。

夫が先に?、自分は何をどう仕切るか?何を守る?

嫁いで、一生懸命やりました。

 

夫の限界も見ました。

 

子供も私の将来に、あんまり熱心ではありません。遠くに住んでいるし。

 

私の思いもあります。

 

何をどの順番で決めてゆけばいいのでしょうか?

        ⇩

①まずはあなたの思いと周囲の状況をを整理・確認しましょう

②民法の規定、税制の仕組み、不動産登記・処分の知識などなど組み合わせて考えましょう

 

③ところで、私はどこでどう終わりたいのか?

④自分の生活設計はどう作るのか? 遺言は?、後見人等は?、祭祀承継は、事業承継は?、借金の処分は

 

        ⇩

これらは、夫が亡くなってからが本番です。 ご相談ください。

相続設計を必要としているのは、奥様です

私は、「エンデイング」「終活」という言葉が嫌いです。

 

何がエンドなのか、何が終わりなのか?

 

ふざけた話です。「事業」の観点から名付けた「事業対象の呼び方」にしか聞こえません。(エンデイング事業、終活事業?)

 

人生に初めも終わりもないと考えています。 「自分の存在の認識」ができた時が始まり、「他人が自分の存在の認識ができなくなった時」が「この世での終わり」

 

なんだか輪廻のにおいがします。

 

毎日毎日「心残りのある現世」ですが、みんなが感心するような「現世バイバイ (@^^)/~~~」の設計をお手伝いします。

 

なんかこう自由で楽しいですよね!

 

(私だけかな?、失礼しました)