「なんでも相談 温泉前クラブ入会」のお誘い

日本天然温泉審査機構より、すべての項目で”5”を認定された全国最高クラスの数少ない天然温泉です。
天然温泉利用証
●源泉名:東鷲宮百観音温泉 日本温泉協会会員
●湧出形態:掘削自噴
●泉温・湧出量:57.0℃ 毎分1000㍑
●源泉所在地:埼玉県北葛飾郡鷲宮町大字西大輪字下出868-1
●泉質名:ナトリウム-塩化物強塩泉
●掲示用泉質名:塩化物泉(PH7.9)
●引湯方法・距離:源泉地
●循環装置:なし(豊富な温泉が常時浴槽に注がれ循環はしていません)
●給排湯方式:完全放流式(豊富な高成分の温泉が常に浴槽に注がれています)
●加水・加温:なし(湯量豊富な温泉を熱交換による低温泉を高温泉に加えて適温にしています。高温泉に低温泉を加えて温度を調整し加温はしていません)

利用源泉に関する項目:源泉 5、泉質 5、引湯 5
浴槽の温泉利用に関する項目:給排湯方式 5、加水 5、新湯注入率 5
*自然度・適正度の目安:5>4>3>2>1
発行年月日:2005年6月1日 掲示有効期限:2010年5月31日
認定No.000148-2 日本天然温泉審査機構』(百観音温泉パンフレットより)

 


 **「なんでも相談 温泉前クラブ」

 **高齢で親族が近くにいない、居ても関わりたくない、そんな単身生活におすすめです。**

――――-----------------------------------------------------------―――――――――――――――

 

 百観音温泉、このような立派な温泉の目の前に当事務所を構えたのも何かのご縁と常々考えております。

 

  クラブの目的:65歳以上の号令者に特化し、「すぐに、また継続して」、老後生活のご相談に対応

  し、それぞれの状況に合わせた提案をしてゆく」ことです。

  ・・従って若い方には通常の相談料金でお願いしております。・・

 

  直ぐに相談できる人がそばにいる安心感!! これを感じていただくことが目的です。内容は何でも構いません

 

   ――――-----------------------------------------------------------―――――――――――――――

 

   *以下のQ&Aをお読みください。 概略の説明です。

 

Q1 入会方法は?

 

 *メール(クリックしてください)で、又は電話(0480-88-7379)、Fax(0480-77-

  0622) で、次の項目をお知らせいただくだけです。

   ⇒ 住所、氏名、連絡先(電話番号又はメールアドレス)

  ご来店時に、簡単な入会申し込み書を書いていただきます。

  

 

Q2 メンバーのメリットは?

 

 ①会員は、予約をすればいつでも優先的に相談を受けられます。

 ②月1万円の会費だけで、何回でも相談が可能です。

  (通常は1回ごとに、1時間以内5千円の相談料となっています)

 

 *何と言っても、相談回数を気にしないで、何回も相談できるのは安心です。

 *実際の業務(例:遺言書作成、分割協議書作成、親族関係図作成、任意後見契約書作成,etc)が発生するときは、見積書

  提示の上、納得いただければ受任いたします。

 

Q3 料金は?

 

 ④月1万円のみのお支払いです。(税込、期首前払い)

  *契約期間は2か月とし、2か月ごとの更新となります。

 

Q4退会は?

  *いつでも自由です。

  *但し、契約期間中の会費は、契約開始日から退会申し込みの日までの会費を日割計算し、経過日数分を控除して、

   残金を返却いたします。

 

   

Q5 入会資格等は?

   反社会的活動をしていない限り、年齢、性別、国籍、住所など、特に制限はありません。

  簡単な入会申込書にサインいただきますので、判断能力のない方は会員になれません。

   そのようなときはご友人ご親族等に会員になっていただき、ご相談する方法もあります。

 

   何でも文章にすると 硬くなってしましますが、本意は高齢者に対して(私も高齢者ですが)

 「お茶でも飲みながら、気楽に相談できる場所として当事務所をご活用願いたい」 という事です。 

                ***どうぞお試しください***

 

 

 

 

老後生活の立案・提案とは何でしょうか?

 

高齢者が元気なうちに考えなければならない内容とは何でしょうか?

 

具体的に何を相談した来意のでしょうか?

 

いかに、経済産業省が発表している「高齢者生活支援サポートサービス」の中身をごしょうかいします。

まずは、当事務所に来ている高齢者生活支援に関するの具体的相談内容です。

 

①エンデイングノートと大まかな相続計画の作成

 誰に何を渡したい、事業後継者に持ち株を渡したい、銀行債務も引受させたい、株をばらけさせたくない

 あれには遺産はやりたくない

 あれとは口をききたくないが、代わりに伝言を頼みたい

 

②いざ一人で入院となった時の為、延命治療方法を予め指定しておきたい 

③葬儀の方法・連絡すべき相手、墓・遺骨等の処置を決めて寺と契約しときたい

④各種公共サービスの終了通知揉間違いなくやってほしい

⑤各種公共サービスや賃貸契約の終了に際しての料金精算もきれいにしたい

⑥残地家財や遺品の整理と 処分の依頼もしたい

⑦居宅の清掃、明渡の依頼(売却などは遺言書でどう書くのか相談したい)

*その他、依頼人の事情・ 要請によりサービスメ ニューをいかようにも柔軟に増減できます*


以下は、経済産業省が発表している高齢者に必要なサポートの種類です。            当事務所の相続ワンストップサービスは、それぞれの段階に応じた生活援助、身上監護、財産管理の各業務を網羅しています。(民法の委任契約と成年後見人制度等の活用による)