Welcome to the Ogawa's Seminar.            セミナーに参加して自分の知識を増やそう

最近忙しさにかまけてセミナーレポートの掲載をさぼっています。               このページの目的はセミナーに参加されなかった方々がどんな内容の話だったかをお伝えしようと企画したものです。しかしながらアクセスの状況を見ると参加した方がほとんどでした。      となると、参加者を増やすことの努力をもっとしなければいけないという事に気づきました。  どうぞこのページをご覧になった方は奮ってセミナーに参加申し込みをお願いいたします。   さて、  *11月のセミナー  人生100年時代をどう生き抜くか? ライフプランの考え方が変わってきています 相続もその延長線上でという題でしたが、最近注目されている「ライフシフト」の紹介でした。平均余命が100歳を超えてくるほど医療が進歩してきても、人の一生の設計図が、会社勤め終了の65歳で切れてしまっていると、退職後の優雅な生活をあと30有余年続けてゆく経済基盤がつぃてゆかない現実が明らかになってきました。  そこで重要になってきたのが人の生き方をもうワンサイクル伸ばして、社会に参加し自らの付加価値を創造するための第二の人生設計図を描く事でした。65歳で定年、平均余命が残り10年(75歳)の設計図では不足です。  遺言や相続という出来事は突然やってくるものではありません。人生の起承転結の流れの中で起きる事ですから設計することが可能です。前提条件が変われば変更することができます。  但し、本人にその気があればです。無くても現実は迫ってきます。    それでは皆様、12月最後のセミナーにもご参加ください。  なお、セミナー予定には来年前半部分を公開しました。ご一見下さい。


「転ばぬ先の杖」