相続に関するルールが 大きく変わります(法務省HP抜粋)

2018年(平成30年)7月に,相続法制の見直しを内容とする「民法及び家 事事件手続法の一部を改正する法律」と,法務局において遺言書を保管する サービスを行うこと等を内容とする「法務局における遺言書の保管等に関す る法律」が成立しました。

この相続法については,1980年(昭和55年)に改正されて以来,大きな 見直しがされてきませんでした。 一方,この間,我が国における平均寿命は延び,社会の高齢化が進展する などの社会経済の変化が生じており,今回の改正では,このような変化に対 応するために,相続法に関するルールを大きく見直しています。

詳しくは法務省のHPを閲覧をお勧めします。

www.moj.go.jp/content/001285654.pdf

このような改正を踏まえたご相談は是非当事務所へご相談ください 電話0480-88-7379/メイル予約はここをクリック

⑴ 被相続人の死亡により残された配偶者の生活への配慮等の観点から

① 配偶者居住権の創設

  →妻は住み続けられる・・

② 婚姻期間が20年以上の夫婦間における居住用不動産の贈与等に関する 優遇措置→遺言書に妻に生前贈与と書いてなくとも・・とは言うけれども小規模住宅の特例とどちらを選べばいいのかな?・・全体の財産の状況により研究が必要となるのかな?

(2)遺言の利用を促進し,相続をめぐる紛争を防止する観点から

① 自筆証書遺言の方式緩和

  →遺言書全文を自筆でなくても・

 

 ② 法務局における自筆証書遺言の保管制度の創設( 遺言書保管法)

  →タンスにしまって誰も見てくれない心配がなくなる?・・2020年から開始されるようですが?

(3) その他重要な事項に関する法律の創生や制度の変更は

①預貯金払戻し制度の創設

 →葬儀代などの本人口座からの引き出しは・・総額は相続財産の1/3以内で、各相続人はその額の法定相続分に相当する割合以内なら・・とは申しますが注意する点は?・・・

 

②遺留分制度の見直し

 →相続人全員の合意がない不動産の処分は・・・

 

③特別の寄与の制度の創設

 →嫁さんが会社を辞めて夫の母親の面倒を見た時などは・・請求できるとは申しますが‥どうやっていくら迄?