当事務所の相続相談業務遂行 基本スタンス

1.法令及び各種規則等を遵守し関係者全員の権利・義務に配慮し、より良き選択

  をお客様がすることを全力で支援いたします。

   争族(そうぞく)を予防することに重点に置きます。

 

2.お客さまの要望の水準に応じた合理的な料金水準」の設定に努め

   多くの方が利用できるようサービスメニューの充実をめざします。

 

相続業務の受任基準は紛争性の有無です「推定相続人間に紛争性のない場合の

  み」お受けいたします。

   お話をお聞きする中で、判断させていただきます。(紛争性のある場合は提携弁護士とその内容

   を協議のうえ、弁護士のご紹介も承ります)

 

 


相続ワンストップサービスの機能をご説明します                 

 

  1. 転ばぬ先の杖の機能=判断能力が弱まる前に計画を立て事を目指します

  §現況と行く末のご希望をヒヤリング・分析後、相続計画のご提案をい   

   たします

  §計画が決まったら、計画内容を時系列で実施してゆきます。

   ① 万一に備えた対応:正証書遺言の原案作成、事務委任契約等の検討、遺言信               

     託の利用の検討(管理財産を後見受託者から切り離す)      

   ②  認知症への対応 :自ら自分の後見人を指名する為の任意後見契約の検討

   ③ 死後の事務処理対応:任意後見契約締結時に死後事務委任契約も締結

 

  §老人介護施設入所の選定と資金計画の検討

   ① サービス比較・施設所在地選定・入居経費シュミレーション・

   ② 所有不動産の資金化、リバースモゲージ活用の検討など   

   ③ 入居契約書の精査と契約作業の補助 

 

  §任意後見期から法定後見に移行の手続き(成年後見開始の申出)に関する業務

  §遺言執行者に指名されたときは、受任いたします。

 

2.相続発生後のサービス

   §遺言書があり遺言執行者に選任された場合

   は遺言執行事務を行い、

  §遺言書のない場合は

      α遺産分割協議書作成支援(親族間への連絡、代表相続品への事務協力等)

      α分割協議書が整ったら、それに基づいた作業の実施

                  (口座解約、不動産、株式、債券その他財産の名義書換

  §任意後見契約と同時に死後事務委任契約を締結した時には、その内容

   に沿って死後事務を遂行いたします。

    α葬儀、埋葬、墓払い等

    α各種口座引き落とし契約の解除

    α各種残債務の支払

     ・・・・等

   但し、有効な遺言で処分方法が指定されている事項などは当然除きます。

 

3.訴訟、不動産登記、税務申告等の業務の実施は、法令でそれを独占業務として行え

  る資格保有者または法人で、かつ当事務所と提携関係にある先生方をご紹介した上

  で、お客様と各専門職の間のワンストップ窓口として機能いたします。お客様が色々な専門家と

  個別に相談する必要がございません。(勿論、ご希望があればいつでも直接相談できます) 

  即ち、相続手続きの全体管理は、当事務所がお客様のご意向に沿い 責任をもって調整いするというスキー

  ムになっているところがワンストップサービの所以(ゆえん)です